2017年11月29日

風邪のひきはじめに漢方

ちょっと前にTVでも話題になりましたね。


風邪のひきはじめに漢方て対処する。私も実践しております。
なので風邪対応の漢方を選ぶ参考にして頂けたらと思います。

ポイント1  飲むタイミング

体に違和感を感じて風邪かな?と思ったら飲みます。
いや~風邪ひいちゃったよゲホゲホ・・・・・は既に「ひきはじめ」を通過してしまっているので
ここで紹介する漢方は手遅れです(笑)
まぁそうなったらそれで対応する漢方はあるんですが。



ポイント2 風邪の種類を把握
風邪の種類は大きく分けて2種類

1.寒気がする  肩や背中、関節が痛い  頭が痛い  水っぽい鼻水
2.喉が痛い、口・喉が渇く(乾燥を感じる) 咳がでる 熱っぽい

ざっと思いつく症状を想像するとこんな感じに分けられると思います。




ポイント3 それぞれに対応した漢方を飲む


パターン1 寒気から始まる風邪 ⇒ 葛根湯 ・ 麻黄湯 ・ 小青竜湯

パターン2 喉の炎症から始まる風邪 ⇒ 銀翹散



お手軽にドラックストアなどで購入できるものだとこのあたりだと思います。
専門の漢方薬局に行くともうちょっと違うモノもあります。
それぞれの漢方の詳細は、名前をクリックしてください。詳細ページへ行きます。




風邪かもと思った時点て対応すれば、早ければ一晩でスッキリします。
漢方を飲むだけでなく気をつけて頂きたいこと。

体を冷やさないこと!

この一言です。
温かい服装をしてください。お風呂にゆっくり入って体を温めてください
 (参照:風邪をひいてお風呂に入っていいの?)



これから冬本番ですが風邪に負けなよう頑張っていきましょ~



fortis_ at 23:09コメント(0)漢方 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
Twitter プロフィール
食品や健康ネタ、気になったニュースの配信します
ブログランキング
気に入って頂けたらポチっとおねがいします

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



健康と医療ランキング
About
・取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。
・記事やツイートの削除依頼などありましたらこちらからお願いします。

【著作権について】
著作権について. 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する意図は全くございません。 掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。

RSS相互リンク歓迎

HP http://tabeken.blog.jp
RSS http://tabeken.blog.jp/index.rdf

また、メールでのご連絡は下記メールフォームかこちらのアドレスまで↓
メールアドレスfortis113355@yahoo.co.jp
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ