2017年11月30日

生姜のお話。実は冷えちゃうぞ✩

冬の定番食材。


生姜のお話。


独特の辛味と香りで体が暖まってきますね。
それでいて色々な食材と相性がいいのでオカズがよりおいしくなっちゃいます。


風邪予防にも風邪の最中でも是非食べたい食品です。


薬膳・漢方のカテゴリでは「温性」に属しています。
温性とは体を温める作用のグループです。
同じグループにはエビ、かぼちゃ、赤ワイン、牛肉、豚肉、鶏肉、玉ねぎ、にんにくなどがあります。

温性より強い作用を持つグループは「熱性」と呼ばれます。唐辛子やシナモンが属しています。






意外と知られていない?生姜の事実

生姜にはショウガオールとジンゲロールという辛味成分が含まれています。
この二つが生姜の薬効を発揮する源です。

ジンゲロールは主に生の生姜に含まれます。
免疫の強化作用や体の表面、手足の血流を促進して体の外側を温める作用を持ちます。

ショウガオールは加熱によりジンゲロールが変化した成分です。
こちらも免疫強化や抗酸化作用を持ちます。
おもしろいのはジンゲロールとは逆に胃腸内蔵の血流を促進、することにより体の内部を温める作用をがあります。


落とし穴はの二つの作用にあります。
ジンゲロールの体の表面を温める作用=体の内部は冷えてしまう、汗をかきやすくなり結果体温が下がる(解熱)
冬になり気温さがり、体を温めようとかじった生のショウガは結局さらに体を冷やしてしまう結果になってしまう可能性があるのです。

ショウガオールは逆に体の中心からじんわりゆっくりと体を温め、血流をよくする作用により温かい血液を体中に届けるため、「内側からポカポカ」の状態にします。冷え性の改善には必ず加熱したショウガを使いましょう。
漢方に配合される生姜はこの加熱処理されて乾燥した生姜が使われます。



このままでは生の生姜が悪者になってしまいそうなのでフォローしなければ!

生の生姜には強い殺菌、抗菌作用があります。
お寿司やお刺身にすりおろした生姜やガリがついているのはこの殺菌・抗菌作用を目的としています。
また、辛味や香りが食欲を増進、胃の働きを活発化させるため消化の促進も期待できます。
生のお魚はあまり消化効率が良くないのでそれをフォローする役割を持ちます。
また、殺菌抗菌作用、免疫強化の作用により風邪の予防も期待できます。
ピロリ菌対策や胃炎、胃潰瘍の回復促進も期待できます。ただし、大量に食べると刺激になってしまうので少量で。
吐き気(つわりや乗り物酔い)の対策としても有効です。


同じ食品なのに調理方法で効果が全く違うなんて面白いですよね。
状況、目的に合わせて上手に付き合っていきましょう♪
生姜の作用はホントたくさんあるので書いていたら3日ぐらい潰せそうです(笑)
今後も生姜の作用を少しずつ紹介していきたいと思います。



あ、ひとつだけ注意。
ニキビや皮膚炎など炎症が酷い場合は控えた方がよいです。
炎症=「熱を持っている状態」なので熱を上げる生姜を食べると炎症が悪化する可能性がありますので。



 


fortis_ at 21:04コメント(0)薬膳 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
Twitter プロフィール
食品や健康ネタ、気になったニュースの配信します
ブログランキング
気に入って頂けたらポチっとおねがいします

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



健康と医療ランキング
About
・取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。
・記事やツイートの削除依頼などありましたらこちらからお願いします。

【著作権について】
著作権について. 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する意図は全くございません。 掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。

RSS相互リンク歓迎

HP http://tabeken.blog.jp
RSS http://tabeken.blog.jp/index.rdf

また、メールでのご連絡は下記メールフォームかこちらのアドレスまで↓
メールアドレスfortis113355@yahoo.co.jp
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ