風邪のひきはじめに葛根湯ダイエット<太る原因を考えよう>

2017年12月03日

冷え性の原因と改善<食事で改善!>


冷え性で悩んでいる人、多いと思います。
特に女性。
男性でも「俺冷え性だから冬辛いわー」という人いますが、大半が単なる寒いのがイヤなだけです((笑)
冷え性の改善方法を検討していきたいと思います。冷え性の原因はたくさんあるので
的外れなものもあるかもしれません。こんな考えもあるんだー程度の参考にして頂ければと思います




冷え性とは?
手や足、腰、肩など特定の部分が冷たく感じる現象。
女性に多い。高齢者になるほど訴えが増える。真夏でもエアコンの効いた部屋で仕事を
していると冷えと痛みを感じる事がある。

原因
血液の循環を制御する自律神経の乱れにより抹消血管が収縮して血流不良となり冷えを訴える
ホルモン分泌の乱れや精神的なストレスにより血流不良となることもある(更年期障害や月経不順)

漢方では胃腸機能の低下によるもの、血液ドロドロ体質による血流不良、新陳代謝の低下による冷えなど
を分析して体の状態を見極めます。


冷え性の改善にはどうしたらよいか?



体を冷やさない事です。


そんなのわかってるわ!とお怒りの声が聞こえてきそうですが。
本当にこれが大切なのです。

まず体が冷える原因を考えてみましょう

1.薄着すぎる
2.冷える食材を食べる
3.エネルギー不足
4.運動不足
5.ホルモン分泌の異常
6.ストレス

こんなところだと思います。

それぞれ解説いきましょう

1.薄着すぎる
  季節や場所にあった服装をして体温が下がらないようにしましょう。
  特にお腹を最優先で保温しましょう。

2.冷える食材を食べる
  意外かもしれませんが体を冷やしてしまう食材は結構あります。
  しかも意外と女性が好む物が多かったり・・・・
  例を上げていきますと
   ・野菜サラダ
   ・ヨーグルト
   ・フルーツ類(柑橘系に多いが全てのフルーツが冷やすわけではないので・・・・・)
   ・アイス、かき氷
   ・貝類
   ・ビール
   ・精製された砂糖
 さらっと思いつく限りではこの程度かなと・・・・細かくみるともっと増えるけど・・・・
  冷え性の改善・予防という観点からはこれらは避けるべきです

3.エネルギー不足
   バランスの悪いダイエット、少食すぎる、朝ごはん抜き、過剰、或いは間違った糖質制限

4.運動不足
  体を動かさないとドロドロ血液なって血流不良の原因になります。

5.ホルモン分泌の異常
   ストレスでホルモンの分泌が変化したり、生理などでホルモンの状態が変化すると冷え性になる可能性。

6.ストレス
  ストレスが溜まると神経の働きが悪くなったり、過剰になったりします。



冷え性の対策を考えてみましょう

簡単なところから攻めます。

1.運動しましょう。
  トレーニングではなく健康維持の運動は週に2回、うっすら汗をかいて体が温まり、すこし脈が早くなりすこし
  呼吸が早くなる程度の事をすればよいと言われています。冷え性改善もこのくらいでいいと思います。
  ウォーキングなどがオススメです。  

2.ストレスを溜めないようにしよう。
  上記の運動をすれば、ストレス対策になるでしょう。
   ぐったりするほど運動すると逆にストレスなるかもしれませんが。
   仕事のこと忘れて運動して汗かくとなんかスッキリしますよね!?
   あとは、仕事以外に集中できる趣味を持つのもよいですね。
   笑う事を増やしましょう。
   ストレスマネジメントに関して細かいところは別の機会に。

3.冷える食材を控えて温かい食事をしよう。
  調理方法を変える、というのも一つの手段です。
  例えば
   
   野菜サラダ⇒野菜スープ

   生野菜が絶対ダメというわけではありません。熱によって壊れてしまう栄養や酵素がありますから
   完全悪者扱いにはしないでくださいね。
   また野菜は加熱すると体積がへるので同じお皿一杯でもたくさんの量を食べる事ができます。
   じつはこれ、ダイエットのテクニックにもなるんじゃないでしょうか。

   ヨーグルトも体を冷やしてしまいますが乳酸菌は積極的に取り込むべきだと思います。
   乳酸菌と冷え性は直接関与しませんが、腸内環境を整えることは大切です。
   頻度を減らしてみてはいかがでしょう。またヨーグルト以外の乳酸菌を検討しましょう

   アイス、かき氷は説明不要ですね・・・・・食べ過ぎないようにしましょう・・・汗
   
   ビールは体を冷やしてしまいますが、ワイン、日本酒、蒸留酒(お湯割り・ロック)は温める属性です。
   これを機に色々なお酒をためしてみてはいかがでしょう。

   ダイエット・・・これが複雑なんですよね・・・・
   個人的に色々な本を読んだり、インターネットで調べたらりした結果なのですが

    痩せたければ減らすな!バランスを整えろ!
   (一部の極端な人を除く)   

    こういう結果に落ち着きました。

    朝ごはんを抜く、糖質を抜く=エネルギーの原料を抜く=体温と血流が正しく流れるエネルギーを奪う 
    




冷え性で悩んでいる人、まず食生活と運動を見直してみてはいかがでしょう。
漢方薬でも冷え性対策のものがありますが、
やはりしっかりご飯を食べていることが前提ですので。 



fortis_ at 00:05│Comments(0)薬膳 | 悩み

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
風邪のひきはじめに葛根湯ダイエット<太る原因を考えよう>