ダイエット

2017年12月13日


ダイエットを成功させるには「どうしたら痩せるのか」を考えるより「なぜ太るのか」を理解する方が
大切です。太る原因がなければ体重は増えません。太る原因を潰せば痩せるのです。


最初に結論から言っちゃいます。

人間が太る最大の理由は糖質過剰です!



日常の生活で消費する以上の糖質を摂取することにより太ります。
ちなみに脂質(脂肪)は太る原因にはなりません。
運動不足も原因にはなりません。運動しても運動で消費する以上に糖質摂取すれば太ります。
高カロリーも原因ではありません。カロリーという数値だけで見ていると失敗します。
大切なのは「なぜカロリーが高いのか」を理解することです。


まずは誤解を解くところから行きます。
脂質(脂肪)は太る原因にならない。
何故か?
例えば牛肉を食べたとします。
クチでよく噛み、胃に入り・・・・・・それがそのままお腹のお肉になる・・・・・訳ではないですよね。
これは小学生でもわかりますよね。
消化器官を通過して脂質より細かい物質に分解されて吸収されます。
じつは脂質は消化効率、吸収効率があまりよくありません。
多く食べたとしても必要以上の量は便として流れ出てしまいます。
なので、ダイエットの為に脂質を減らす・・・というのはあまり効果が無いと思われます。
脂質は細胞を構成する大切な要因です。極端に減らしてしまっては逆に健康に悪いのです。


脂肪のお話はここまで。

糖質のお話へ行きます。


ここでいう糖質は「砂糖」だけではなく「炭水化物+砂糖」を表すものと考えてください。
砂糖も炭水化物も消化されると「ブドウ糖」になります。
腸壁からブドウ糖が吸収され血管内に入ります。糖質の吸収率はほぼ100%です。
ブドウ糖が血管内にたくさんある状態を「高血糖状態」にないります。
ブドウ糖は血液内にて最優先でエネルギーとして消費されます。
ちょっとした動作でもすぐブドウ糖を消費して筋肉を動かします。

しかし、吸収率100%なので食べたら食べた分だけ血液内にブドウ糖が増えます。
動かない、もしくはその場の動作で消費する以上のブドウ糖は余ってしまいます。
余ったブドウ糖はどうなるか・・・・・

第1段階としてグリコーゲンに再合成されインスリンというホルモンの働きで細胞内に「保存」されます。
ただこの保存容量はあまり大きくありません。
次に第2段階として脂肪細胞で中性脂肪として「保存」されます。
この脂肪細胞の保存容量は非常に大きいと言われています。
ちなみに脂肪細胞は増えるのではなく「膨らむ」という特性があります。

脂肪細胞が膨らむ=太るということになります。

健康診断で中性脂肪が高い数値だった、ということはブドウ糖が余って中性脂肪に合成されているということも考えられます。


ちなみに脂質(肉や魚、植物の油に含まれるモノ)はインスリンの影響を受けず、脂肪細胞に保存さることは
ありません。インスリンは糖質のみに反応します。


太る原因の糖質ですがどのような食品に含まれているかというと・・・・

炭水化物として
 ・小麦粉(パン、うどん、パスタ、お好み焼き、ケーキ)
 ・米
 ・イモ類
 ・そば
 
糖として
 ・砂糖
 ・フルーツ類
 ・野菜類

このような食品に含まれます。
フルーツ類にはブドウ糖ではなく「果糖」として含まれます。
果糖はブドウ糖以上に保存されやすいです。
果糖もブドウ糖同様にエネルギーになるのですが、ブドウ糖より消費の優先順位が低いので
どうしても「保存対象」になりやすいのです。
つまりフルーツも食べ過ぎれば太る。ということです。

ちなみに「カロリーが高い」ということは「糖質が多く含まれる」「脂質が多く含まれる」事を意味します。
その糖質と脂質の比率が太るか太らないかが分かれます。

例えば、ナッツ類はカロリー自体は高いですが脂質と繊維質が多く糖質はほとんど含まれていません。
太りにくい食品と言えます。また、硬さもあるため咀嚼回数が増える、消化速度が遅いので腹持ちもよく
間食としては優秀な食品だと思います。ただし、塩で味付けされているものは塩分の過剰摂取に繋がるので
やめたほうがいいです。



糖質は太る原因だから食べなければ・・・・・というわけにも行きません。
貴重なエネルギー源です。
それに全面的に避けてしまっては食事が楽しくありません。
取り過ぎないようにコントロールする事が大切だと思います。

いきなり減らすのも大変だと思います。いきなり高い目標は挫折します。
少しずつ減らして小さな目標を積み重ねていった方が成功します。
心理学の「成功体験」というのもありますが

糖質にはタバコや麻薬に匹敵するぐらいの中毒・依存症があるということにも理由があります。

次回は糖質の恐ろしさと糖質制限に関して考えようと思います。








fortis_ at 22:32コメント(0)

2017年12月02日



実は風邪薬です!!



ダイエットや痩せ薬できた人、ショックかと思います。
宣言します。



追い打ちかけます。



痩せ薬なんて存在しません。
食べ過ぎたら太る。
その体は、お腹の膨らみは、今まで食べてきたもの蓄積です!

まず食生活を見直してください。
そして運動をしてください。
そこがスタートラインです。

防風通聖散で痩せる効果が期待できると仮定しましょう。
しかし、ネットなどでクチコミなど見ると「効果無い」という書き込みなども見ます。

全力で言います。

オマエ、防風通聖散を飲んでるだけで何も努力して無いだろ!

まぁ、元々風邪薬だし体質、体の状態に合ってなきゃ効かなくて当然なんだけど。


もし、服用しただけで痩せる薬があったら・・・・・

それを飲み続けたら


アナタ、栄養失調か衰弱してシニマスヨ・・・・



確実にダイエットをするにはバランスです。
多すぎるものを減らし足らないものを増やす。これに尽きます。

食事を半分にするとか糖質全面カットするとか
最終的に悲惨な結果を生み出すのでやめてくださいね✩

ダイエットに関するお話はこの程度にしてまた別の機会に。





防風通聖散の解説です。

対応する症状
体力が充実している人で悪寒があり筋肉や関節の痛みを伴う発熱、喉の痛みはなく便秘をしている場合。
(かなり珍しい組み合わせの症状・・・・汗)



漢方を選択する基準の一つに表証・裏証というものがあります。
表証というのは体の表面に近い部分、皮膚や筋肉などの症状。
裏証というのは体の内側、内蔵の症状。

防風通聖散はこの表証、裏証が同時に発現した場合に有効とされます。
上記の症状で
表証・・・・悪寒、筋肉や関節の痛みを伴う発熱
裏証・・・・便秘

防風通聖散の構成する生薬をみると、葛根湯などに含まれる体を温めて発汗を促進する生薬と
便通をよくして悪いものを追い出す生薬(下剤みたいなもの)で構成されています。
私も昔、人体実験のつもりで飲んだことがありますが、かなり強引に体の中の悪いもの、不要なものを
押し出す作用があるな・・・・と感じました。
便秘症で冷えが原因の風邪の場合に良いかなと思います。
便秘の原因はさまざまなので原因次第では使えない場合もあります。
強い作用をもつ漢方なので飲み始まる前に漢方の専門家に相談して自身の体質を分析してもらってから
飲むようにしたほうがよいです。
漢方の診断は目で見て耳で聴き触れて確かめることにより精度が増すので対面で相談することをおすすめします。


なぜ風邪薬がダイエット薬のようになってしまったか・・・・これは個人的な推測で、事実ではありませんが

店頭に並ぶ薬には効果の表記にある程度ルールがあるそうです(法律にはそこまで詳しくないので「第○条のことですか?」とか細かいツッコミは勘弁してください)

そのルールの影響で「発汗させる」⇒「体が熱くなる」⇒脂肪燃焼!
体の中の悪いものを汗や便、尿として排出させる⇒デトックス⇒痩せる!
みたいな解釈になってしまったのかな・・・
大腸内の便が全部出れば数キロ体重軽くなる事例は確かにあるけど・・・・







防風通聖散の注意事項

・子宮の働きに影響を及ぼす生薬が含まれているため、早産、流産の危険性があります。妊婦さん、妊娠の可能性のある人は飲まないでください。

・血管、心臓などの循環器の病気、重度の高血圧、排尿障害、腎臓障害がある人は状況を悪化させる可能性があります。

・胃部不快感や嘔吐、吐き気、軟便、下痢、腹痛などの症状がある場合は悪化させる可能性があります。

・極度の疲労、病後病中など体力を大きく消耗している人は不調を引き起こす可能性があります。

・授乳中の場合、乳児が下痢を起こす可能性があるので注意してください。

・汗をかきやすい人は脱力感、発汗過多などの症状がでる場合があります。

とにかく、強い作用の漢方なので専門家に対面で相談する事をおすすめします。


以下は過去に私が飲んだ時の状況をまとめたものです。よかったら参考にしてください。
その当時は風邪薬だとは知らず飲みました。体にあっていなかったので副作用の方が多くでました。
同じ様な状態の人がいたら、体にあっていないので辞める事をおすすめします。

・体がなんかぼわっと温かくなった。
 ⇒のぼせた時ような、お酒をのんでクラクラするようななんとも言えない不快な感じ

・下痢にまで至らないがかなり軟便。下腹部不快感。
 ⇒下剤のような効果が強すぎたと思われる

・軽いめまい、浮遊感

・暑くもないのに汗がじわっとでる。しかも普段の汗と違ってなんかドロっとしてる気がする気持ち悪い


自分の体質
 全体的には痩せ型ではあるが明らかにお腹に肉が付き始めた
 筋肉量がすくなくどちらかというと体力がすくなく虚弱体質寄り
 体温は若干低め
 血圧低め
 汗はあまりかかない
 便通はかなり良い方(食べたら出したくなるタイプ)

結果としては防風通聖散は自分には強すぎたみたいです。察して1週間でやめました。






fortis_ at 00:45コメント(0)
月別アーカイブ
Twitter プロフィール
食品や健康ネタ、気になったニュースの配信します
ブログランキング
気に入って頂けたらポチっとおねがいします

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



健康と医療ランキング
About
・取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。
・記事やツイートの削除依頼などありましたらこちらからお願いします。

【著作権について】
著作権について. 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する意図は全くございません。 掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。

RSS相互リンク歓迎

HP http://tabeken.blog.jp
RSS http://tabeken.blog.jp/index.rdf

また、メールでのご連絡は下記メールフォームかこちらのアドレスまで↓
メールアドレスfortis113355@yahoo.co.jp
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ