悩み

2017年12月04日

しっかり眠る。これ大事。

しっかり寝ないとどうなるか?

1.うつ病や自律神経失調症などになりやすくなる
2.内蔵機能が低下する
3.免疫力が下がる
4.思考力、注意力がさがる。

私の実体験です。
人によって表れ方はバラバラだと思いますが私の場合は最初に内蔵にきます。
吐き気や胃部不快感によりご飯がおいしく食べれなくなります。便の出が悪くなります。
さらに続くと胃炎、胃潰瘍(軽度)になります。
次にめまいや頭痛、首肩腰の筋肉が硬くなり痛みます(神経系の異常)
風邪をひきやすくなります。
そして思考力と注意力がさがることにより仕事のミスが増えたり、交通事故になりかけたりします。

私はこの辺で病院に行って対応したのでなんとか普通の生活を取り戻しました。
もっと不眠が続いていたら欝になってまともな生活送っていないかもしれません。
とにかくネガティブになっていましたから。会社行きたくない、外に出たくない、がずっと頭にあってなんとか仕事は下たけど・・・・・・・時々、死にたいけど実行する気力がわかないかからとりあえず動かないってこともありました。

というわけで不眠は恐ろしんですよ。
あらゆる病気の元となり事故の元になるんです。
寝る間を惜しんで仕事をするとかやめてください。
睡眠を削ってまで仕事を強要されるようならその会社はやめてください。
ブラック企業です。

健康であればお金を稼ぐ、仕事はできるのです。楽しい人生がおくれます。
病気になったらお金を使い続け減らすだけです。増やすことはできません。そしてベッドの上で苦痛しかありません


ここまでは「寝ない人」への警告でしたが以下は「眠れない人」へ向けてです。

不眠の原因を分析してみましょう。

大きく分けると二つになると思います。

・物理的原因・・・・・周囲の環境や騒音、呼吸器系の病気、体の痛み、神経の興奮状態
・心理的、精神的な原因・・・・・不安、恐怖、イライラなどにより目が覚めてしまう


物理的原因はそれをどうにか排除すれば解決します。
周囲の環境であれば、お金はかかってしまいますが引っ越す、防音対策など。
耳栓も一つの手ですが、一人暮らしの場合はやめた方がよいです。
なぜなら音を遮断してしまうので危険が迫った場合、気づかないかもしれないからです。
火事や侵入者に気づかず、残念な結果になってしまうかもしれません。

病気に原因がある場合は治療をしっかりしてください。主治医に眠れないほど辛い事をしっかり相談してください。

神経の興奮は色々な原因がありますが、わかりやすいものだと、カフェイン、アルコールです。
最近であれば、スマホやPC、テレビなども神経の興奮させる原因となります。
スマホのブルーライトは興奮作用があるので夜遅くまでスマホゲームをやるというのはやめた方がよいです。
カフェインも興奮作用があるので夜遅くにはコーヒー、お茶を飲むのはやめましょう。

興奮を避けて、興奮を鎮める行動をしましょう
例えば入浴。シャワーではダメです。
しっかり温まるのが大切です。しかし、熱すぎはダメです。防衛本能にスイッチが入り興奮状態になります。
ゆったりとじわっと軽く汗を各程度の温度で10分~15分ぐらいが目安です。

あとは軽いストレッチ。筋肉を伸ばしてリラックスさせると心もリラックスします。
筋トレはダメですよ。闘争本能にスイッチが入って興奮状態になります。

コツをつかむまでが大変かもしれませんが瞑想も有効です。
椅子でも畳でもいいです。
コツは、猫背にならないように姿勢を正して座ります。肩に力が入らないように腕は楽にします。
軽く胸を張ります。呼吸とお腹の動きを連動させます(俗に言う腹式呼吸。吸うときお腹が膨らみ吐くとへこむ)
目をつぶって、できるだけ何も考えないようにする。

コレが一番難しいとおもいます。最初は意識をお腹の動きに持っていくとよいです。
ゆっくり呼吸をしてお腹が膨らんだりへこんだりするのをカウントすると良いです。
あまり大きくな数字になると集中できなくなるので10カウントがオススメです。

ここまでが物理的原因の対策



次は心理的、精神的原因の対策。
入浴、瞑想とストレッチはこちらでも有効です。
狙いは「リラックスして心地いい状態」を作ることです。
誰にも邪魔されず、自分の心地いい事をするというのが大切です。
ただし、スマホ、ゲームはやめた方がいいです。イライラしてる時にストレス発散でプレイしても好きなゲームと言えど思い通りにクエストがうまくいかなかったりすると余計イライラしてしまいますから。


酷い場合は、心療内科や精神科へ相談をおすすめします。初診はなかなか予約がとれなくて大変かもしれませんが一度入ってしまえばとても楽になります。

漢方で様子を見るという手段もあります。最近ではドラックストアでも在庫が増えてきたので購入しやくすなっています。しかし、確実に効果を得るには専門の漢方薬局へ相談するのが確実です。

以下に不眠対策になる漢方を挙げます。ドラッグストアで購入する場合、選ぶ参考にして頂ければと思います


柴胡加竜骨牡蛎湯
 イライラ、不安があり動悸や胸の苦しさ、のぼせがある場合の不眠、神経症に有効
  ⇒明日のコトを考えると不安になる。昼間の仕事のイライラを思い出してしまう。細かい事が気になって不安になって眠れない、テスト前や試合前などで緊張して眠れなくなるタイプ
 過剰なエネルギーが溜まってしまい、正しく循環できなくなっている状態を発散させてくれる作用です。

加味帰脾湯
体のよ弱い人、胃腸の働きが弱く不安やイライラして疲れやすい、肩こり頭痛などがある人
 ⇒イライラして何度も目が覚めてしまう、悪い夢をみて目が覚めて不安になってしまう、ぐっすり眠れないタイプ
  エネルギー不足を補い、循環を安定させる作用があります。

この二つが代表的なものかと思います。




fortis_ at 00:32コメント(0)

2017年12月03日


冷え性で悩んでいる人、多いと思います。
特に女性。
男性でも「俺冷え性だから冬辛いわー」という人いますが、大半が単なる寒いのがイヤなだけです((笑)
冷え性の改善方法を検討していきたいと思います。冷え性の原因はたくさんあるので
的外れなものもあるかもしれません。こんな考えもあるんだー程度の参考にして頂ければと思います




冷え性とは?
手や足、腰、肩など特定の部分が冷たく感じる現象。
女性に多い。高齢者になるほど訴えが増える。真夏でもエアコンの効いた部屋で仕事を
していると冷えと痛みを感じる事がある。

原因
血液の循環を制御する自律神経の乱れにより抹消血管が収縮して血流不良となり冷えを訴える
ホルモン分泌の乱れや精神的なストレスにより血流不良となることもある(更年期障害や月経不順)

漢方では胃腸機能の低下によるもの、血液ドロドロ体質による血流不良、新陳代謝の低下による冷えなど
を分析して体の状態を見極めます。


冷え性の改善にはどうしたらよいか?



体を冷やさない事です。


そんなのわかってるわ!とお怒りの声が聞こえてきそうですが。
本当にこれが大切なのです。

まず体が冷える原因を考えてみましょう

1.薄着すぎる
2.冷える食材を食べる
3.エネルギー不足
4.運動不足
5.ホルモン分泌の異常
6.ストレス

こんなところだと思います。

それぞれ解説いきましょう

1.薄着すぎる
  季節や場所にあった服装をして体温が下がらないようにしましょう。
  特にお腹を最優先で保温しましょう。

2.冷える食材を食べる
  意外かもしれませんが体を冷やしてしまう食材は結構あります。
  しかも意外と女性が好む物が多かったり・・・・
  例を上げていきますと
   ・野菜サラダ
   ・ヨーグルト
   ・フルーツ類(柑橘系に多いが全てのフルーツが冷やすわけではないので・・・・・)
   ・アイス、かき氷
   ・貝類
   ・ビール
   ・精製された砂糖
 さらっと思いつく限りではこの程度かなと・・・・細かくみるともっと増えるけど・・・・
  冷え性の改善・予防という観点からはこれらは避けるべきです

3.エネルギー不足
   バランスの悪いダイエット、少食すぎる、朝ごはん抜き、糖質制限

4.運動不足
  体を動かさないとドロドロ血液なって血流不良の原因になります。

5.ホルモン分泌の異常
   ごめんなさい。ここだけは医師へ相談でおねがいします。

6.ストレス
  ストレスが溜まると神経の働きが悪くなったり、過剰になったりします。



冷え性の対策を考えてみましょう

簡単なところから攻めます。

1.運動しましょう。
  トレーニングではなく健康維持の運動は週に2回、うっすら汗をかいて体が温まり、すこし脈が早くなりすこし
  呼吸が早くなる程度の事をすればよいと言われています。冷え性改善もこのくらいでいいと思います。
  ウォーキングなどがオススメです。  

2.ストレスを溜めないようにしよう。
  上記の運動をすれば、ストレス対策になるでしょう。
   ぐったりするほど運動すると逆にストレスなるかもしれませんが。
   仕事のこと忘れて運動して汗かくとなんかスッキリしますよね!?
   あとは、仕事以外に集中できる趣味を持つのもよいですね。
   笑う事を増やしましょう。
   ストレスマネジメントに関して細かいところは別の機会に。

3.冷える食材を控えて温かい食事をしよう。
  調理方法を変える、というのも一つの手段です。
  例えば
   
   野菜サラダ⇒野菜スープ

   生野菜が絶対ダメというわけではありません。熱によって壊れてしまう栄養や酵素がありますから
   完全悪者扱いにはしないでくださいね。
   また野菜は加熱すると体積がへるので同じお皿一杯でもたくさんの量を食べる事ができます。
   じつはこれ、ダイエットのテクニックにもなるんじゃないでしょうか。

   ヨーグルトも体を冷やしてしまいますが乳酸菌は積極的に取り込むべきだと思います。
   乳酸菌と冷え性は直接関与しませんが、腸内環境を整えることは大切です。
   頻度を減らしてみてはいかがでしょう。またヨーグルト以外の乳酸菌を検討しましょう

   アイス、かき氷は説明不要ですね・・・・・食べ過ぎないようにしましょう・・・汗
   
   ビールは体を冷やしてしまいますが、ワイン、日本酒、蒸留酒(お湯割り・ロック)は温める属性です。
   これを機に色々なお酒をためしてみてはいかがでしょう。

   ダイエット・・・これが複雑なんですよね・・・・
   個人的に色々な本を読んだり、インターネットで調べたらりした結果なのですが

    痩せたければ減らすな!バランスを整えろ!
   (一部の極端な人を除く)   

    こういう結果に落ち着きました。

    朝ごはんを抜く、糖質を抜く=エネルギーの原料を抜く=体温と血流が正しく流れるエネルギーを奪う 
    


まぁ色々長くなってしまいそうなのでこの辺でやめまーす


冷え性で悩んでいる人、まず食生活と運動を見直してみてはいかがでしょう。
漢方薬でも冷え性対策のものがありますが、
やはりしっかりご飯を食べていることが前提ですので。 



fortis_ at 00:05コメント(0)
月別アーカイブ
Twitter プロフィール
食品や健康ネタ、気になったニュースの配信します
ブログランキング
気に入って頂けたらポチっとおねがいします

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村



健康と医療ランキング
About
・取り上げてほしい記事などありましたらお気軽にメッセージください。
・記事やツイートの削除依頼などありましたらこちらからお願いします。

【著作権について】
著作権について. 当ブログで掲載されている画像及び動画等の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。 著作権を侵害する意図は全くございません。 掲載に問題がある物がありましたらお手数ですがメール・メールフォームから御一報下さい。

RSS相互リンク歓迎

HP http://tabeken.blog.jp
RSS http://tabeken.blog.jp/index.rdf

また、メールでのご連絡は下記メールフォームかこちらのアドレスまで↓
メールアドレスfortis113355@yahoo.co.jp
メッセージ

名前
メール
本文
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ